ひとり暮らしの生活を豊かに暮らすために賃貸物件の初期費用について知っておこう

新生活にお金の心配はNG!事前に準備資金を貯めておく

就職を機会にこれからひとり暮らしが始まるという人は、自由で開放的な新生活に心踊りますよね。その一方で、今までとは違って、生活や経済面でもひとりでこなしていかなくてはいけないため、不安や心配もあるかも知れません。部屋を借りるには、毎月の家賃だけではなく、契約時には敷金や礼金、仲介手数料などの色んな初期費用がかかります。そのうえ、引越し費用や新しい家具や家電を購入することもあるため、転居する際はさまざまな出費が重なります。

費用が足りなくて、親にお金を借りたり、カードローンを利用していたりすると、毎月の家賃や生活費に加えて、ローンの返済に苦しむことになるかも…。そんな新生活からお金の問題を抱えてしまえば、新しい生活も豊かになりません。ひとり暮らしを始めるにあたっ初期て、どのくらいの費用がかかるのか調べて、普段から貯金をしたり、アルバイトをしてまとまった資金を用意しておくとよいです。そして、自身の予算に見合った初期費用や家賃の部屋を選ぶことが大切です。

賃貸物件の初期費用の概要

敷金は、借り主が家賃の滞納をしたり、退去時に部屋の修理が必要になったときのために家主に預ける費用のことです。礼金はその名のとおり、家主に支払うお礼金のことをいいます。敷金や礼金の相場は家賃の1ヶ月分~3ヶ月分になり、準備資金の目安としておくとよいでしょう。仲介手数料というのは、賃貸物件を紹介してくれた不動産会社に支払う手数料のことです。また、火災保険料の支払いが必要の物件もあり、部屋の更新時に保険も更新されることが多いです。

札幌東区の賃貸マンションを借りる時の注意点は、地元で活躍している不動産屋に相談することです。そうすることでより良い物件を借りることができます。