土地は角地が人気!その理由と内地の活用法

角地が人気となる理由

土地探しをしていて、例えば新しくニュータウンが建築された場合などは区画ごとで土地が売りに出されることになります。このように一定エリアの区画が売りに出された場合、ごく一部の例外を除いてたいていは「角地」と呼ばれる橋のエリアから順番に埋まっていくことになります。どうして角地がいつも人気なのでしょうか。角地が人気となる理由の1つが「希少価値が高いから」です。角地というのはどれだけ広い区画であろうと4か所しかありません。その4か所のうちの1つを購入できるというのはやはり気分的にも良いものなのでしょう。

しかし角地は希少価値だけで人気となっているわけではありません。なんといってもほかの区画と比べて「解放感」があります。角地は隣の家と隣接しているのは隣に区画がある場所だけです、ほかは道路に面しているため窮屈さが無くのびのびした気持ちで過ごすことが出来ます。また駐車場を設ける際にも角2面が道路に接しているので自由度がとても高いです。

内地は辞めておいたほうが良いのか?

では角地を確保できなければそのエリアで土地を買うのはあきらめたほうが良いのかというと、そんなことはありません。内地の中でも南向きのエリアは人気があります。南向きの土地の場合は日当たりが保証されているのでできるだけ北側に建物を建築すると良いでしょう。一方、北向きの場合は南側の日光を確保するために後ろの住宅との距離が必要になるため建物の間に庭を設けることが多いです。すると自然とこの庭がプライベートなスペースとなり、いろいろ活用できます。

軽自動車をメインに販売する企業が5ナンバークラスの「ランディ」という車両を販売しています。ファミリー層にも人気のあるミニバンクラスの中でも中級の価格帯を推移しています。